2015年01月09日

審美歯科で気になること:連結しているセラミックの寿命

審美歯科である程度のお金を払えば白くてきれいな歯が手に入る時代となりました。

保険内の治療で意図せずしていわゆる銀歯になってしまった歯でも、ほとんどの場合白くできるのです。ただ、審美歯科とも言うように審美目的とされ健康保険がききません。そのため高額な治療費を払うこととなるのです。

歯はその人の印象を左右する非常に重要なパーツなので、高額ながらも自己投資の意味も兼ねて審美歯科で治療を行う人も増えています。

銀歯1本だけをセラミックにする場合は、もちろん患部を治療して型を取ってクラウンを被せるのですが、何らかの原因で歯を根から抜歯した場合にブリッジという方法が可能な場合があります。つまり、抜歯した両隣の歯を橋桁として、歯のない部分にダミーの歯の橋を架ける方法です。

ですがこれは本来なら3本歯があるところを2本で支えているので両端の歯に非常に負担がかかります。ただ、正しく装着して正しく使えば長持ちするので、部分入れ歯に抵抗がある人やインプラントができない人によく用いられるのがブリッジなのです。

このブリッジは奥歯であれば保険内では全て銀歯になってしまい、ギラギラとして不健康でした。それが審美歯科なら連結セラミックでの治療も可能です。ただし、上述のように両端の歯に負担がかかること、それに連結ゆえのたわみや歪みなどの問題が発生します。そのため、奥歯など力がかかるところのオールセラミックは割れる危険性が高いので通常行われません。奥歯などはその代わりにジルコニアやメタルボンドなどが多く使用されます。

1本でも10万円と高額なのに連結となると費用はもっとかかってしまいます。そこで気になるのは寿命ですよね。どれくらいもつのでしょうか。正しい使用法と適切なメンテナンスで20年はもつと言われています。
posted by ふすま at 14:00 | Comment(0) | オールセラミックの料金が安い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

上顎部分を審美歯科でセラミックにする料金

審美歯科をご存知ですか。一般の歯科が虫歯などの患部の治療が目的であって治療後の見た目は考慮されませんが、審美歯科は虫歯の治療はもちろん、見た目の美しさに重きを置いた治療を受けられます。虫歯の治療痕のいわゆる銀歯もほとんどのケースで審美歯科で白くすることが可能なのです。その方法は保険のクラウンやインレーを外してセラミックのものに付け替えるだけなのです。

歯科用の陶器を使用するので丈夫で変色もほとんどせずに耐久性がありますし、なんといっても美しさには定評があります。金属を使用しないので金属アレルギーの心配もありませんし、使用するのが固まるレジン系セメントなので浸水性が低く虫歯になりにくいというメリットもあるのです。ただ、審美歯科とも言うように美しさの追求とみなされ健康保険が使えません。そのため人気のオールセラミックやジルコニアなどでは、一般的に1本10万円もの高額な治療費がかかるのです。

それでは上顎部分をセラミックにするのにかかる料金はどれくらいが相場なのでしょうか。上顎には親不知を除いて14本の歯があります。この歯全てをオールセラミックにすると10万円×14本で140万円もの大金がかかります。

また、前歯などはオールでも問題ありませんが、奥歯など力がかかる部分はもしかするとオールにできない可能性もあります。そうすると料金は変わってきますが、それでも上顎全てとなると100万円を超える高額になることは確実でしょう。このような大金をすぐに用意できるに越したことはないですが、それが無理な場合はデンタルローンを活用する方法があります。
歯科治療費のために組めるローンです。もちろん審査はありますが、最大84回払いまでのローンが組めるので、元手がなくても毎月無理のない支払で返済することが可能です。審美歯科は往々にして高額な治療費となるケースが多いので、デンタルローンを採用しているクリニックがほとんどです。多くの場合、通常のローンよりも低金利で借りられるので、興味があるなら調べてみてはどうでしょうか。

もしくは「ジャパンデンタルフロンティア」といったオールセラミックを格安で提供しているところもあるので、治療したい歯の本数が多い場合はこういったところを検討してみるのがいいでしょう。

posted by ふすま at 12:00 | Comment(0) | オールセラミックの料金が安い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

審美歯科で上顎の歯をセラミックにするのにかかる料金とは

虫歯の治療痕の銀歯や変色した裏打ちが金属のプラスチックの歯も、審美歯科で白くきれいな歯にすることができるのをご存知ですか?

審美歯科とはその名の通り、見た目の美しさに重きを置いた治療を行う歯科です。
一般の歯科では基本的に保険内の治療なので、虫歯を治すといわゆる銀歯だったり、金属にプラスチックを被せる形になります。


具体的に審美歯科でどうやってこういった治療痕をきれいにするかというと、セラミックという歯科用の陶器を使用します。
被せ物や詰め物を外して必要であれば再治療をし、そしてそこにセラミックの被せ物や詰め物をするのです。

ただ審美歯科と言う名前の通り、見た目の美しさが第一の目的とされていて健康保険が使用できません。そのために治療費が高額になります。


それでは上顎部位の歯をセラミックにした場合にかかる料金はいかほどでしょうか。

成人なら上下各16本、合計32本の歯があると言われています。通常であるならば上顎には16本歯があるわけです。

この部分の全ての歯をセラミックにするとなると相当の料金がかかります。前述のようにセラミックは自由診療なので各歯科医院によって値段のバラつきがあります。おおよそ全て陶器のオールセラミックやジルコニアは1本10万円ほど、陶器と樹脂のミックスのハイブリッドは場合によっては1本4万円から可能なケースもあります。

単純に計算すると上顎全部は10万円×16本で160万円と非常に高額な料金となります。

ですが「ジャパンデンタルフロンティア」というオールセラミック歯を格安で提供しているところもあります。
こちらでは複数本の治療の場合、2本目からは歯本体にかかる料金の47,000円だけが加算される形になります。
興味があれば一度調べてみてはいかがでしょうか?


ただ、これほどまで治療をする必要になった原因が「口腔ケア不足」であるならば、せっかく高いお金を払って白くてきれいな歯にしてもまたすぐにダメになってしまう危険性が高いと言えます。きれいな白い歯を長持ちさせるには、やはり毎日のブラッシングと定期的な歯科検診が必須なのです。
posted by ふすま at 17:49 | Comment(0) | オールセラミックの料金が安い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。