2015年02月01日

前歯をオールセラミックにして見た目をきれいにする。

前歯というのは見た目に直結する大切な部分ですよね。

それをオールセラミックにするには、一時的に仮歯の期間ができることになります。
インプラントという治療法もありますが、インプラントであればその期間は半年以上にもなります。

この仮歯は基本的にその場で作成される簡単なものが多いのですが、そのため作成する歯科医によって大きく左右されてしまいます。

仮歯に関しては何種類かあるので、どうしても仮歯の期間もキレイな見た目にして機能的にも普通の歯と変わらないようにしたいということであれば、その場で作成するものではなくしっかりと型を取り作成するタイプの仮歯もあるようです。


オールセラミックに限らず差し歯にするのであれば保険内の治療だとしても仮歯にはなります。

私はすでにオールセラミック治療を終えているので前歯はとてもキレイな見た目ですが、以前保険内の差し歯だったときにはひどいものでした。

見れば一瞬で違和感に気づくので不自然ですし、笑って歯を見せるのがコンプレックスでした。

さらにその差し歯になるまでの間1週間ほどですが、仮歯がひどいものでした。

詳しくは以下のページでお話ししています。

前歯を差し歯にしたら仮歯が...


歯が他人に与える印象はとても大きいです。

笑顔が見せれないとなると、その人の印象は「あまり笑顔を見せない人」ということになるのでもっと悪くなります。

差し歯だということが分からないほど天然の歯の見た目に近いオールセラミックなどの歯であれば気にせず笑顔を見せることができますよね?

そしてそれは別に大げさな話でもなんでもなく、前歯をオールセラミックにした私の歯は天然の歯そのものです。

今までずっと気にしていて、気にしすぎくらいだった私が「自然だ」と感じるのですからそれは自然なのだと思います。笑


なのでもしあなたが前歯に何か悩みを抱えているのであれば、よく考えた上でオールセラミックなどの安くてキレイな見た目にできる方法を検討することをおすすめします(`・ω・´)

私の前歯がひどかったときの話もご参考までにどうぞ。

前歯の差し歯の仮歯がひどい見た目だった話





posted by ふすま at 10:29 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: