2015年01月09日

審美歯科で気になること:連結しているセラミックの寿命

審美歯科である程度のお金を払えば白くてきれいな歯が手に入る時代となりました。

保険内の治療で意図せずしていわゆる銀歯になってしまった歯でも、ほとんどの場合白くできるのです。ただ、審美歯科とも言うように審美目的とされ健康保険がききません。そのため高額な治療費を払うこととなるのです。

歯はその人の印象を左右する非常に重要なパーツなので、高額ながらも自己投資の意味も兼ねて審美歯科で治療を行う人も増えています。

銀歯1本だけをセラミックにする場合は、もちろん患部を治療して型を取ってクラウンを被せるのですが、何らかの原因で歯を根から抜歯した場合にブリッジという方法が可能な場合があります。つまり、抜歯した両隣の歯を橋桁として、歯のない部分にダミーの歯の橋を架ける方法です。

ですがこれは本来なら3本歯があるところを2本で支えているので両端の歯に非常に負担がかかります。ただ、正しく装着して正しく使えば長持ちするので、部分入れ歯に抵抗がある人やインプラントができない人によく用いられるのがブリッジなのです。

このブリッジは奥歯であれば保険内では全て銀歯になってしまい、ギラギラとして不健康でした。それが審美歯科なら連結セラミックでの治療も可能です。ただし、上述のように両端の歯に負担がかかること、それに連結ゆえのたわみや歪みなどの問題が発生します。そのため、奥歯など力がかかるところのオールセラミックは割れる危険性が高いので通常行われません。奥歯などはその代わりにジルコニアやメタルボンドなどが多く使用されます。

1本でも10万円と高額なのに連結となると費用はもっとかかってしまいます。そこで気になるのは寿命ですよね。どれくらいもつのでしょうか。正しい使用法と適切なメンテナンスで20年はもつと言われています。
posted by ふすま at 14:00 | Comment(0) | オールセラミックの料金が安い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: